サステナビリティ

  1. TOP
  2. サステナビリティ

住友商事グループの6つのマテリアリティ(重要課題)への取組み

住友商事グループのマテリアリティ(「社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)」)に対して、スミトロニクスグループとしてどのように取り組み、貢献していくかを示すため、「スミトロニクスグループのマテリアリティ(重要課題)への取り組み」を定めております。

地球環境との共生

省エネルギーのエレクトロニクス機器の製造に取り組むことで、全世界の電気使用量を減らし、地球環境と共生した成長を実現します。

地域と産業の発展への貢献

東南アジア諸国・中国・米国等での事業展開により、顧客・製品・雇用を通じて人々の暮らし、地域社会・経済の成長・発展に貢献します。

快適で心躍る暮らしの基盤づくり

強固な経営基盤を軸に、成長分野への事業展開を推進し、エレクトロニクス機器の供給を通じて便利で快適な暮らしの実現に寄与することで、人々の心と体の健康を支えます。

多様なアクセスの構築

海外拠点網の拡大によりネットワークを充実させ、エレクトロニクス機器の最適地生産と資材調達を可能にし、新たな価値を創造します。

人材育成とダイバーシティの推進

多様なバックグラウンドを有する人材が、各々のフィールドで能力を最大限に発揮して、新たな価値や革新を生み出せるように、最重要の経営リソースである人材の育成・活躍推進に取り組みます。

ガバナンスの充実

透明性を確保しつつ、持続的な成長に向けた戦略の立案・実行およびその適切な監督を充実させることで、経営の効率性を向上し、健全性を維持します。

環境・CSRへの取り組み

サプライチェーンCSRへの取り組み

当社グループは、持続可能な社会の実現に向けて、取引先や事業パートナーとともに社会的責任を果たすべく、「住友商事グループのサプライチェーンCSR行動指針」に沿って、新入社員や海外の現地採用社員が参加する研修、海外拠点とのミーティング、海外派遣社員との赴任前打ち合わせなど、さまざまな機会を捉えてその理解・浸透に取り組んでいます。

住友商事グループのサプライチェーンCSR行動指針

2009年11月制定
2013年11月改定

住友商事グループは、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指し、経営理念において、健全な事業を通じて豊かさと夢を実現することを企業使命として定め、人間尊重を基本とし、信用を重んじ確実を旨とする経営姿勢を堅持しています。

住友商事グループはこの経営理念に基づき、持続可能なより良い社会の実現に向けて、「サプライチェーンCSR行動指針」を定めています。私たちは、住友商事グループのコア・コンピタンスである総合力を支えるビジネス基盤のひとつ、グローバルリレーションを一層強固なものとするために、サプライヤーをはじめとする取引先や事業パートナーに対し、本指針への賛同と理解、実践を求め、関与するバリューチェーンにおいて、共に社会的責任を果たしていきます。

1. 人権を尊重し、人権侵害に加担しない。
2. 強制労働・児童労働・不当な低賃金労働を防止する。
3. 労使間の円滑な協議を図るため、従業員の団結権を尊重する。
4. 従業員に対して安全で衛生的かつ健康的な労働環境を整備する。
5. 地球環境の保全に取り組むとともに、生物多様性に十分配慮する。
6. 商品やサービスの品質・安全性を確保する。
7. 内外の関係法令及び国際的な取決めを遵守し、公正な取引を徹底するとともに、強要・贈収賄などあらゆる形態の腐敗を防止する。
8. 情報セキュリティーに関する管理を適切に行う。
9. 地域コミュニティーの一員として協働し、地域社会の持続可能な発展に貢献する。
10. 上記に関し、適時・適切な情報開示を行う。

 

 

環境方針の基本理念

住友商事グループは、グローバル企業として、環境問題が地球的規模の広がりを持つとともに、次世代以降にも及ぶ長期的な問題であることを認識し、健全な事業活動を通じて、社会・経済の発展と地球環境の保全が両立した「持続可能な発展」の実現に向け努力しています。

基本方針

住友商事グループは、国内外におけるさまざまな事業活動を行うにあたり、以下の方針に従い、グループ会社が協力して、この環境の基本理念の実現に努める。

(1)環境に対する基本姿勢
良き企業市民として、当社の行動指針に沿い、地球環境の保全に十分配慮する。
(2)環境関連法規の遵守
国内外の環境関連法規及び同意した協定等を遵守する。
(3)自然環境への配慮
自然生態系等の環境保全ならびに生物多様性の維持・保全に十分配慮する。
(4)気候変動への対応
気候変動の緩和及び気候変動の影響への適応に十分配慮する。
(5)資源・エネルギーの有効活用
資源・エネルギーの有限性を認識し、その有効利用に努める。
(6)循環型社会構築への寄与
廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルに取り組み、循環型社会の構築に向け努力する。
(7)環境保全型事業の推進
総合力を生かし、環境保全型事業を推進し、社会の環境負荷の低減に貢献する。
(8)環境管理の確立
環境マネジメントシステムを活用して、環境目的・目標を設定、定期的な見直しを 行い、その継続的改善を図りつつ、環境汚染の予防に努める。
(9)環境方針の開示
この環境方針は、住友商事グループで働くすべての人に周知するとともに広く開示する。

ISO14001認証取得

2003年8月、当社は住友商事株式会社のグループ傘下企業として、同社のマルチサイト方式によるISO14001環境マネジメントシステムを認証取得いたしました。今後とも地球にやさしい企業を目指し、様々な環境問題に対して積極的に取り組んで参ります。

ISO14001認証登録証

登録日:2003年8月1日
登録更新日:2022年3月8日
審査登録機関:(財)日本品質保証機構
登録証番号:JQA-EM0451